ホームページのリニューアルをお考えの税理士の先生へ

そのホームページリニューアルは本当に必要ですか?

私たちは税理士の先生向けに、ホームページ制作サービスを提供している【ゼロワン】と申します。
税理士専門にご支援している私たちでも、一般の企業に比べて税理士の先生のリニューアルというのは数年前までは少なかったのですが、最近はご相談の件数も増えてまいりました

その際に必ずお聞きすることがあります。
それは
「そのホームページリニューアルは本当に必要ですか?」
ということ。
このことを別の角度から申し上げると
「ホームページリニューアルの目的はなんですか?」
ということです。

先に断言しておきますが、目的のないホームページのリニューアルは、ほとんど「失敗」します。

目的のない改善は存在しない

ホームページをリニューアルしようと思うということは、
おそらく現状のホームページに満足していないからということだと思います。
満足していない、言い換えれば問題があるからリニューアルを考えているはず。
だとしたら、ホームページリニューアルは、現状・既存のホームページの「問題」を解決するための改善が目的になるはずです。

なんとなくつくってから数年経つからリニューアルしようであったり、なんとなく他の先生がリニューアルしたからということでリニューアルするのはまったくおすすめしません

どのようなときにリニューアルすべきでないのか?

この点をしっかりとご説明しようとすると、長くなるので無料のガイドブックにまとめました。
よろしければご覧ください。
▼ ▼ ▼

ここでは2つほどリニューアルすべきでない事例をお伝えします。

1、デザインがださい・今風でないという理由「だけ」の場合

ホームページの「見た目」のトレンドはときどきによって違います。
WEBデザインは日々変わりますし、ブラウザでの表現の技術も日々進化しているので
数年前につくったご自身のホームページが「ダサい」と思うこともあるでしょう。

ですが、ダサいという理由だけでリニューアルするのはおすすめしません。
しかし、ダサいから商売に支障がでているというのであればリニューアルすべきです。
例えば、

  • 法人向けの仕事をしているのに信頼感の観点で見劣りがする、信頼が得られなさそう
  • 個人のお客様が多いのにスマホ対応していない
  • アニメーションなど「動き」のあるホームページにしてもらったが見にくいと言われた

などの場合です。
このような場合は、閲覧している人への伝え方を改善するという目的があるので、リニューアルをしたほうがいい場合になります。

2、そもそもホームページが誰にも見られていない

ホームページをリニューアルしたからといってすぐにホームページが見られるわけではありません
また厳しいことを申し上げるようですが、見られていないホームページのリニューアルにお金をかけるのははっきり申し上げて「無駄」な部分があります。

このような場合、ホームページへの導線やホームページをつかった営業戦略、ホームページの役割の見直しなど別にすべきことがあります。

これを行ってはじめてリニューアルをすべきか検討したほうがいいです。

リニューアルは難しいからこそ

このようにリニューアルをすべきかどうかは非常に難しい判断が迫られます。
またリニューアルの「やり方」を間違えれば、目的を達成できないこともあります。

私たち【ゼロワン】は「先生のWEBの悩みをゼロにする」をコンセプトにしたサービス。
先生がリニューアルすべきかどうかを悩む必要はありません。

リニューアルの場合は、事前の相談よりも踏み込んで、現在のホームページの状態を無料で診断する無料診断サービスを行っております。

もちろん、現在のホームページがうまくいっていない先生のご相談も受け付けておりますので、無料診断サービスのなかでご相談ください